G-BN130W2PGN

2023年12月14日gallery,ようこそ

尖った翼よ燃え尽きるまで飛べ

一面の銀世界

静寂で混じりけのないその世界には何者をも寄せ付けない厳しさがある

その白き世界は純粋で震えて身を寄せ合うもののことなど意に介すことはない

そんなことは血の通 ...

gallery,ようこそ

手紙は人の思いを伝えてくれる、ただそれだけならデジタルの世界でも十分そうなものだが、手紙が伝える思いは文章だけではない。そこにあった時代の空気まで届けてくれる。そして封筒や便箋の色形、切手のデザインにまで差出人の思いが映し出されている ...

2024年1月5日gallery,ようこそ,自作俳句

2022年10月23日 今日は好日Vol.2今日からスタートします

この投稿では、今まで同様、心に浮かんだことをなるべくそのままのタイミングで投稿したいと思っています。このことで何を表現したいかというと、その瞬間ただ自分の中から湧き起こ ...

gallery,ようこそ

今年もいろんなことが起きては消えていく、間違いないのはただこのことだけだ。何が正しくて正しくないのか、人はお互いに火花を散らして消えていく。私はこの取り留めなさこそ物語の姿だと思う。

「火花を散らせ」物語はいつもここへ誘う ...

gallery,ようこそ

いまから27年も前の作品である、公募展の企画展用に急いで仕上げた作品で、企画展の図録では上下逆で写真が掲載されていた、当時の私にとってこの作品は上下逆の方が良いと思っていたらしい。

さて、この頃の私は、遊びとは何なのかそこ ...

2024年4月21日gallery,ようこそ

自分が自分を探すとは、何の事だろう言い換えれば自分とは何かという問いになる。生物、人間という答えが返ってくるかもしれない、でもそれはカテゴリーという定義を述べようとしているに過ぎない。

ところが実際の自分とはカテゴリーに関 ...

2022年10月11日gallery,ようこそ,絵本

ヨッチャンはかせ

(はじめに)

急に子供の目線に戻って、もう一度世の中を見つめると、どんなふうに見えるのか気になってしまった。

大人が、当たり前のことだとして、通り過ぎる世界も彼らにとっては、日々新鮮で新しい発見 ...

2023年4月6日gallery,ようこそ

とうとうテーマに困って風景に手を染めた。と思われる方もいらっしゃるかもしれない。

正直に言えばこのような風景はやはり世の中のどこにもない。いやここにあるとなれば、私は超能力を手に入れたことになるのか、冗談はさておいて、実際 ...

2022年6月29日gallery,ようこそ

昨日放送されたストーンヘンジの番組はとても興味深かった。イギリスのストーンヘンジは昔から有名だったが、同じようなストーンサークルの遺跡が秋田県に存在しているそうだ。不思議なことに秋田とイギリスではほぼ地球の裏側にある島国同士なのだが、 ...

gallery,ようこそ

このタイトルも後付けで、白いキャンバスを目の間においても何のイメージも持たないまま、ウルトラマリンをペインティングナイフで画面に引き延ばす。コバルトブルーを少しおいてみたが2種類の青はお互い響きあってくれるだろうか。

これ ...

2022年12月13日gallery,ようこそ

何からの自由かと言えば、自分の捉われからの自由だ。つまり自分の意識をがんじがらめにしているであろう捉われからの自由だ。何故そんなことを試みようとするのかと言えば。意識こそ現実を想像する根源だと思うからだ。

私は現実から感じ ...

gallery,ようこそ

このタイトルは、この絵を見た私の思いだ。制作にはほとんど時間がかかっていない。具象を丁寧に仕上げる作家からしてみれば、ほぼ詐欺師に近い制作過程かも知れない。私にとってはどちらの優劣もない、絵と対峙した瞬間に起こる感情のドラマがあるかな ...

2024年6月16日gallery,ようこそ,自作俳句,風流の月を眺めて4句八句

 

5月の歌

      「若草に 足止めて見る 露の虹」

    「花筏 過ぎ行く影を 惜しむ鯉」

   「風揺らす しだれ桜に 若葉かな」

   「今日に咲き 心を覚ます ツ ...

2022年6月3日gallery,ようこそ

今日は朝から雨が降っていて、おまけに体が縮こまるほど寒い、6月を迎えて汗ばむ日が続いてきたというのに、すっかり裏切られた気持ちになる。

実はこのあたりの寒さを北海道ではリラ冷えと言って、毎年のことなのだ。そんな日常の変化を ...

gallery,ようこそ

きっとこの絵を見たほとんどの方が、タイトルと絵面がマッチしていないことに戸惑われたかもしれない。正直私は、この絵を日本の神話を絵にしたつもりだが、このタイトルはあえてそのことに触れていない。この絵は日本の神話にある山幸彦、海幸彦の世界 ...